CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
場末感のある風景
なんだかんだで先週は
一回もお休みをもらえなかった。

労働基準法もなにもあったもんじゃないのさ。
そうさおいらは裏稼業。
休憩なしの連続10時間勤務はあたりまえ。
風営法?
ふーーーん。
カーテン閉めて、シャッター閉めて
しっかり午前1時を回っても営業ちぅよ。

もし間違ってその時間を過ぎて
心臓発作とか起こしても
お店の階段にほおりだされちゃいます。
かあいそうだから、携帯でつーほーくらいは
してくれるそうです。

なので、持病のあるおやぢ、心臓に疾患のあるおやぢ
半分からだが腐っているおやぢ等は
あんまり遅い時間に来店しないでください。

店員一同、大迷惑です。
うちで死なれちゃこまるんですの。

さて、
うちのスタッフは、前にもお話したように、

博打好きがこうじて、バカラにまで手を出してしまい
自分の店を何軒もつぶし、家屋を抵当に取られ、
妻子にも逃げられたにもかかわらず、
しょこりもなく麻雀荘をまた始めてしまったという
パンチパーマの中身に空洞が見え隠れしはじめた
微妙なお年頃の ホライズンと、

自称東大大学院卒の、ありえないキレッぷりで
行きつけのパチンコ屋で奇行を繰り返していたところを
ホライズンに見初められ、めでたく共同経営者となった
じゃがりこ好きで、麻雀の神様はいると
涙ながらに断言する、一応昼間も働いているらしい
推定年齢35歳コロボックルと、

この前、東京に荷物を取りに行った時
ちょろっと入ったパチンコ屋でスロットをやったところ
1000円が13万円になったらしく
ちょっとゴージャス気分で、いさみや(店のそばのとんかつ屋)
で最高金額の2700円のエビフライ定食を
食べたことが、生涯一番の喜びだったと
遠い目をしながら語る、友人ストーカー疑惑の男、
生きているオーラまったくなしのパシモン。

この3人と、打ち子(麻雀打つのが仕事の人)
のふぇふぇの4人で構成されています。

そしてもう一人、重要な登場人物が
存在します。

それは、この雀荘に毎日現れる
ふぇふぇの麻雀の師匠、ネモネモっちです。

ネモネモの風貌は、はっきりいって軽く
野良作業を終えた後の3ちゃん農業のじいちゃん風です。
新宿の中央公園でダンボールを布団代わりに
ゴミ箱をあさるお仕事をしている人にもよく似ています。

朝晩は氷点下を越える、宇都宮で今日も
素足でビーチサンダルを履いています。

口癖は
「今日こそは草むしりしねぇとだめだんべぇ」
です。

はい。ばりばりの栃木ネイティブです。
実際のお仕事はというと、やはり農業を少々と
スナックを経営してます。
でも収入源のほとんどは、賭けゴルフと賭け麻雀
だったりします。釣りも好きらしいです。
ゴルフはシングル(70台)級のうまさなのですが
あまりにも薄汚いのでどっちかっつーと
プロゴルファー猿っぽいです。

ネモネモ師匠は、前に自分でも雀荘を経営していたのですが
お客さんをほとんど食いつぶしてしまって
なくなってしまいました。

それくらいうまいんです。麻雀。
実は、ホライズンとコロボックルはネモネモにそそのかされて
麻雀を始めたのです。
ぶっちゃけ、カモにされていたんですがねぇ。

ネモネモは「さしこみ」ができます。
さしこみとは、相手の役、当たり牌を予測し
わざとあたり牌を切り、相手に上がらせることです。

例えば、オーラスで自分がトップ目で、2着目が
リーチとかかけてきたら、ラスの人にわざとさしこんで
(安い手の場合)2着の人を上がらせないとか、
打ち子の場合だと、お客さんでついてない人がいたら
わざとその人に振り込んであげるとかいう
すごく高度な技です。

ふぇふぇはネモネモ師匠から技術を学ぶため
どんなに悪態をつかれても
口三味線で頭パンクしそうになっても
必死についていっています。

つーか、だまって麻雀打てや、くまおやぢ。
って思うくらいうるさいんです、この人。


一人でオナニーばっかやってんべぇ
とか
ふぇふぇのあそこは使い回しとか・・・

もうね。慣れましたよ。えぇ。
なんとでも好きにいってくださいよ。

そんなネモネモだけど
お客さんがいないときは、ふぇふぇに
符の計算とかオーラスの局面での役作りとか
きちんと教えてくれます。

「おめぇもくうかぁ?」

っていって食べ物をなんでも半分こにしてくれます。

なのでもうちょっとだけついていこうと
思ってますが、
いかがわしいお店いったあと、シャツを裏表
反対にしてうちの店にくるのはやめてください。

もろばれです。

もう年なんだから、いいかげんそうことは
やめましょうよ、師匠・・・
てか、ほんとに使い物になるんですの?
おほほほほほほ。

| 麻雀ぶんぶん編 | 15:50 | comments(1) | trackbacks(6) |
従業員
宇都宮の朝はさぶい。
まだ10月だというのに、はぁってすると白い息。
お耳もちぎれそうに痛くなるので
ふぇふぇの標準装備は手袋とニット帽に
ARMYジャケット(踊るの青島刑事のやつと色違い)
コンタクトが痛くなるとやぁなので、メガネも装着。

ほぉら。
連続通り魔風コーディネイトのできあがり。
あやしまくりなのである。
職質されまくりなのである。
自転車で颯爽と走ってると
対面からくる通行人は皆そそそと避けてくれる。

ふぇふぇは刺したりとかしません。
どうぞ安心してくらさい。

男子高校生にタックルとかは、たまにしたくなりますが
人間だもの。(相田みつを風味)


さてと。
ふぇふぇのお勤めしている雀荘には
ホライズンとコロボックルの両経営者の他に
お掃除やお客さんに飲み物出したり、
お使いに行ったりする従業員がもう一人いる。

この人は生きている人間のオーラを
まったく感じさせない。もしかして
若い頃、シンナーとかやっちゃったの?そお?
って感じのぽわーんとした
半径1メートル以内の空気はもれなくよどんでいきそうな
そんな雰囲気をかもしだしている。

あたしの中ではパシモンと呼んでいるが
パシモンは、お客様に呼ばれると
「へぃ。」
と返事をする。
はい。じゃなくてへぃ。だ。
「へぇ」ではないので、トリビアの影響ではないと思う。
かといって江戸時代に興味があるようには見えない。
それ以外に彼が客と会話を交わしたのを
聞いたことがない。

彼は自分の仕事がないときは、ソファーにうなだれて
口を開けて寝ているか、携帯をただただいじっている。

メールする相手がたくさんいるのかなぁなんて
思ってたら、彼の友達が店に来た。

「いったいなんなんだよおまえはよぉ」

苦笑しながら彼の友達が言うことには

53回連続メール送信
(しかもタイトル・本文なし)

していたらしい。

彼の友達はもちろん男である。
重度のストーカー行為である。

しかもだ。その話をしながらもパシモンは
更なるメールを友達に送信してきた。

目の前にいるのに。

いったいなんのために・・・・

ますます謎が深まるパシモンだが、
言われた仕事だけはきっちりする。
言われてない仕事は絶対しない。

でも、ふぇふぇのコーヒーには砂糖が2つで
ミルクなしっていうのはちゃんと覚えててくれてるし
おトイレいったあとはおしぼりも出してくれるので
お休みされるとちょっぴり悲しい。

パシモンは麻雀は四暗子(すーあんこ)の役しか知らない。

それを知ってて、ホライズンは麻雀に誘おうとするので
それはかわいそうなのでやめて欲しいと思います。
| 麻雀ぶんぶん編 | 14:07 | comments(4) | trackbacks(1) |
経営者
近ちっともテレビが見れない。
新しい連ドラも
新人芸人たちも
ふぇふぇから遠いところにいる。

夜お家を出て、
宇都宮の歌舞伎町と呼ばれる
キャッチーなおにいちゃんが大量にたむってるところを
キーンと自転車で通り抜け
かあいい高校生がぷるぷる出てくる予備校の横を
カーンと自転車で通り抜け
哀愁漂うペンシル型ビル3Fに向かう。

それから早朝まで
ちくちくと麻雀を打ち続け
そそくさとまた自転車に乗り
たまにおまわりさんに職質受けたりしながら
お散歩ワンワンとじゃれあいながら
家路へと急ぐ。

そっからシャワーを浴び
TVをつけると、もう7時。

今日のうらない見たところで
どうせこれから寝ちゃうし
「いってらっしゃい、気をつけて」と
ニュースキャスターに言われても
寝るのにそうそう気を使っていられないし

ささやかな楽しみといえば
水曜日オハスタの鉄拳見るくらいになっちまった。

こんなはずじゃぁなかった。
もちっと日のあたる時間に働いていたかった。

これもすべて
うちの雀荘の客層のせいである。
経営者の営業努力の怠りのせいである。

もうね、ありえないくらいの

「どんぶり勘定」

そして最近知った共同経営者2人の

「うすっぺらい関係」

すべてはここに起因しているのである。

主に店内のきりもりをしているのが
元々は夜のお店を経営したりつぶしてたりしてた
ホライズン(もちろん仮名:敬称略すぞ)

マネージメントや渉外営業を担当してるのが
現在も日中は会社員として働いている(らしい)
コロボックル(仮名推奨:同じく上)

ホライズンとコロボックルの出会いは

いきつけのパチンコ屋

だった。

2人はパチスロをこよなく愛していた。

コロボックルは投資した台が出なかったり
負けがかさんだりすると頭にきて、
コインを入れるところにガムを詰めたり
帰る前に1000円分コインに変えて、それを店内に
ばらまくという特異な行動で注目を集めていたらしい。

そして、そのコロボックルが店内に撒いたコインを
唯一拾い集めることができたのが
ホライズンだったのだ。
(プライドよりもコインが大事だったらしい。)

二人の間にはゆる〜い信頼関係(?)が芽生え
ホライズンはコロボックルに雀荘経営の話をもちかけた。

コロボックルはそれにのった。

こうしてこの雀荘は生まれてきたのである。

ちなみにホライズンはコロボックルの私生活を
ほとんど知らない。未だに知らない。

勤めている職場がどこなのかも知らないし
どこに住んでいるのかも知らない。
(でも最近尾行して家の場所はつきとめたらしい)

ホライズンが知っていることといえば、コロボックルは
東大大学院卒(あくまで自称)ということだけだ。
(確かに見かけはインテリっぽいしまじめっぽい)


ああそれなのに二人は共同経営者なのである。
先行き不透明感のある共同経営者なのである。


この二人のゆるさ加減は経営にも現れている。

ホライズンは常々知人に
商売は軌道に乗るのに3ヶ月と言われているらしく

「早く3ヶ月たたないかなぁ〜」

って言っているが、なんの努力もなしに
3ヶ月たてば軌道に乗ると思ってるのだろうか?

1万円札を両替しにパチンコ屋さんにいくと
5千円分しか両替できずに帰ってくる。

「ちょっと両替しにいったら5千円も両替料取られちゃったよ」


って




パチンコしてくんなぁああああ


コロボックルに至っては
ふらっとお店からいなくなり
大量の「じゃがりこ」を買い込んで帰ってくる。

「また新しい味のがでたのぉお」


って


それも経費ちゃうんかいぃぃいいい



最近お店の客が増えているのは
店の経営を憂いだ常連のお客さんが
お友達を連れてきてくれているからで
この2人の経営努力とは何の関係もないのを
あたしは知っている。



「昼間のお客さん増やさないと
稼働率あがんないっすよぉ」

ちょっと問いかけてみたりする。

「だって、おともだちいないんだもん」

あ、そうですか・・・

| 麻雀ぶんぶん編 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
おしごと
香港では、
憎いぃ〜あんちくしょ〜〜を
自分に変わって呪いまくってくれる
呪い屋がいるそうだ。

へー

ベトナムでは、
かわいいあひる子ちゃん(純生)を
ばこばこ水面に叩きつけ
それを餌に雷魚(ライギョ)を釣る
釣り師がいるそうだ。

へーへー

さて、ここ日本では
おやぢに魂を売り渡し
うす〜いギャクにも微笑みを絶やさず
たとえヅラとわかっていても
決して目線を泳がすことなく
おやぢ臭にもむせることなく
もくもくと手作りをしている
女流麻雀士がいるそうだ。

あ! あたしだ。
えへー。えへー。えへぇぇ。



てか


もう、うんざりなんだよぉぉおぉお。



さあ、想像してみよう。

大木凡人(ボンド)・林家ペー
あぁんど
ゴージャズ松野(沢田亜矢子の元夫)
そして自分。

凡人とペーと松野と自分・・・・

凡人とぺーと松野と、凡人とペーと松野と、凡人とぺーと松野と
凡人とぺーと松野と、凡人とペーと松野と、凡人とぺーと松野と
凡人とぺーと松野と、凡人とペーと松野と、凡人とぺーと松野と


自分。。。


夢のような面子(メンツ)だね♪
めったにないよぉ、こんなすごい人たちと一緒に
遊べるなんて。
うんうん。
おもいっきり、えんじょ〜〜い★

って

できるかぁああああああああああ


失礼しました。
鬱積したものが、溢れ出てしまったようです。

濃いんです。
猛烈に濃いぃんです。
うちの雀荘にくるおやぢたち。
ふぇふぇもう
ふぇふぇもぅ、夢見る少女じゃいられなーい
あげーーん
なのです。


おしぼりで顔拭くのはあたりまえ。

トイレは流さないので、黄色い泡だった液体を
流すのはー、あたーしぃい
(歌:和田アキ子。あの液を流すのはあたし)

くしゃみで飛んだおやぢ唾液のついた牌を
ポーカーフェースてつもった後
おやぢにばれないよう、こっそりおしぼりで手を拭く
自分が、とってもいとおしく感じられました。

おやぢギャグはねぇ
脳が記憶したくないっていってゆーので
あんま覚えてないんですが

「そうは、イカのきん○ま」
とか
「インド人もびっくり」
とか
「えりまきとかげー」(死語だろそれ)
とか
「よこいしょういちー」(誰だよそれ)

とかそんなんですね。えぇ。

ここで無理して笑うと、エンドレスでやられるので
最近はスルーする技を覚えました。


とにかく、一刻も早く





ゴミの日に、出したい

しかも分別せずに


今日はふぇふぇの心の中身を吐露させていただきました。

多分今のあたしなら、
秋葉系の同人誌(紙袋マスト)もった
オターでデブーな兄ちゃんにさえ
ときめいちゃうそうな気がして
こあいの・・・
とてぇも、こあいの・・・

自分を見失うなよぉぉおお。ふぇふぇぇ。

ふぁいとぉっと。
| 麻雀ぶんぶん編 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
けいことまなぶ
そうです。

今あたしの置かれた環境は
混沌とした暗黒の世界に閉じ込められた
凍える少女が
巨悪な敵に立ち向かう
完全無欠のロンリネス♪

もって生まれたシックスセンスと
指先に伝えられた数字の情報だけが頼り。

食うか食われるか。
生きるか死ぬか。

なんか、かくいいぞ。俺。

手持ちのデッキは13種。
今日も未知のモンス(おやぢ)とドゥエルじゃぁぁ。

麻雀界は世界の縮図。
君も麻雀界で巨悪モンス(おやぢ)と戦ってみないかい。
(宣伝入りましたー)


ふぇふぇの今回の転職に友人達の反応も悲喜交々。

「そっち系できたか〜」

「はぁ?人生舐めてる?」

「受け狙いでそこまでやるかぁ」

「らしいといえば、らしいよね。」

思えばあたしも女の子。
女の子は習い事がお好き。の定義にもれず
いろんな習い事をしてきました。

★ふぇふぇ習い事ひすとり〜★

その1.ピアノのお稽古。

鬼母に3歳より英才教育を受けるも
モーツアルトとの相性の悪さで15歳で挫折。
何の役にもたたない絶対音感だけは憑いてます。えぇ。
(参考資料、バインディング:音楽)

その2.お習字

やはり鬼母に6歳より英才教育。
父親譲りのみみず字であえなく12歳で頓挫。
小学校では「へた字の見本」としてあたしのノートが
右側の席に座ったお友達から順番に回されていった。

その3.洋裁・和裁

デザイナーになろうなんて、間違った夢を抱いてしまった
ばっかりに、大学は家政学部被服学科に入学。

「センスはあるけど、技術が伴わない」

この言葉が以後の人生のキャッチコピーに。
てゆーかここで、自分が不器用なことを
初めて悟る。わが人生に悔いなし・・・

ミシン台から裁ちばさみ(布用のすげく切れるやつ)を
落とし、足に5針。縫い物するどころか
自分が縫われてしまう
という、おちゃめな一面はここで開花。

その4.着付け教室

大学卒業後、鬼母に無理やり連れて行かれる。
着物のたたみ方すらできず初日で挫折。

その5.お料理教室

分量を量るのがめんどくさかったので初日で挫折。

その6.WEBデザイン教室

ふぇふぇの画力は、みなさんご存知の通り・・
てゆーか、講師の先生が眼鏡かけているんだけど
なんかサイズが合わなかったらしくて、こめかみあたりの
ところが眼鏡が擦れて腫れあがっちゃて
それが痛々しくて、とてもまともに話を聞く気分に
なれなかったんだもん。ふんだ。
(これは一応終了しました。なんも生かされてませんが。)

その7.シャドウボックス&アレンジメントフラワー

これはアメリカで習っていたんだけど
アメリカのアバウトなクラフトはグルー(接着剤)で
ぺたぺた貼ったりするだけなので
結構いい感じで習得しましただ。
てかあたしがこれをできるのが自分でも意外なので
やっぱりなんも生かされてませんねぇ。えぇ。
てかやりすぎてシリコングルーの強烈な臭いで
別の世界にいっちゃいそうにはなりました。

その7.英会話

母国語のように英語を操れるのは7歳から12歳の
間の教育が大事です。ほんとにもう。
一応アメリカにてアドバンスクラスを2校ほど修了しましたが
バイリンガルではございませんので、そこんとこよろしく。
英語が起動するのは、買い物&ナンパ&映画鑑賞のみ。
油断してると日本語すら怪しくなりますです。


あたしのお友達はというと
社交ダンス(!)、生け花、カラオケ教室
ギター教室、ヨガ、ワインのソムリエ教室とか
やっぱわけわかんない習い事をしてますねぇ。

習い事して、それが大成して
すごくなっちゃった人っているのかなぁ?

ちなみにふぇふぇはなんか習うのは嫌いじゃないけど
人にものを教えるのはだいっ嫌いです。

15歳から18歳の男子限定で
家庭教師ならできます♪

なにか?
| 麻雀ぶんぶん編 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>