CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< シール | main | 聞いて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
がっちりきっちり
ほんとはもっと束縛して欲しいの。
なんでなんで?なんでそんなことするの?
ダメだよキミは僕のものって
すごくそう言って欲しいんだ。

風船みたいに飛んでかないように
しっかり紐でくくりつけて
紐の先はあなたの手に
とれないようにグルグル巻きで
しっかり結んでてほしいんだ。

中の空気が抜けてきちゃって
シューってしぼんで下の方に
落ちちゃいそうになったなら
もう一度あなたの息を
めいっぱいに吹き込んで
ずっと見張っててほしいんだ。

やきもちの大きさと
愛の大きさは一緒じゃないってわかるけど
たくさんダメって言われると
たくさんスキって言われてるようで
たくさんダメって言って欲しくて
わざとダメなことしてるの
気がついたら怒られちゃうかなぁ?
嫌われちゃったらどうしよぅ。

やきもち焼くのはかっこいいことじゃないって
そういう風に思ってるでしょ。
全然違うよ、そうじゃないよ。
そっちの方がちっともかっこよくないんだから。

キミは自由にフワフワしてるのが似合ってるね
とかお願いだから言わないで
僕の側から一秒たりとも離れるなって
そういう風に言って欲しいの。
| 垂れ流した詩編 | 18:40 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:40 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://phyphy.jugem.cc/trackback/266
トラックバック